お問い合わせはこちら
〒589-0005 大阪府大阪狭山市狭山1-864-1
072-365-4825

大阪狭山市の歯科医院です。予防歯科、小児歯科、インプラントなど幅広く対応いたします。

診療案内

千葉歯科医院の消毒・滅菌システムについて

当院では患者様・スタッフの安全を第一に消毒・滅菌に力を入れております。

歯周病や虫歯などの歯科疾患のほとんどは感染症(ばい菌などが人間の体に感染しておこる病気)です。
また、歯科処置では出血を伴う場合が多く、血液を介した感染(エイズ・肝炎など)も考えられます。
当院では、院内感染を完璧に防ぐための消毒・滅菌システムを徹底し、患者様に安心して治療を受けて頂けるよう以下のシステムを徹底しております。

可能なものは、患者様一人一人使い捨てとさせて頂いております。

【使い捨ての治療用品】
使い捨てが可能な治療機器については一度使用するたびに新しいものに交換します。

高圧蒸気滅菌器により患者様毎の滅菌(細菌などをすべて殺すこと)を行っております。
滅菌バッグ(袋)は必ず、使用前に開けるようにしております。

【高圧蒸気滅菌器】
高圧蒸気により治療機器についている細菌を死滅させ、口腔内感染を防ぎます。

【滅菌バッグ】
滅菌処理をした治療機器を無菌の状態でパックし、保存時への細菌を付着を防ぎます。

その他直接お口の中に入らないものや、滅菌できないものに関しては、通常行うアルコール消毒と、さらに強力な超酸化電位水やグルタールアルデヒドという薬により消毒しております。

【超酸化電位水】
微量の食塩を加え、電気分解にされた水で、殺菌力が強く、人体への影響もありません。

【グルタールアルデヒド】
治療機器の消毒に用います。

一般歯科

一般診療について

当院では常に最新の技術や情報を取り入れ、その中から本当に良いと思えるものを患者様に提供できる様研鑽を積み、患者様の快適で健康な生活にご協力できるように心がけていきたいと思っております。
基本的には最初に、全体的なレントゲン写真やお口の状態のカラー写真の撮影、歯の周りの状態の検査等の資料取りを行います。これは患者様のお口の中を総合的に診させて頂くため、現在の状態や問題点がどのようであるかという事を出来るだけ詳しく分析し的確な治療を行う為には必須となります。
その上で、患者様に現在の状態等をご説明し納得して頂いて治療を行うようになっております。

虫歯治療

虫歯とは、虫歯菌が歯を溶かす脱灰と、溶けた部分が再び固くなる再石灰化のバランスがくずれて歯が溶けていく病気です。
そのバランスを左右する要因は、虫歯菌の数、唾液、歯質、食事、フッ素イオンだと言われています。

歯周病治療

歯周病とは、歯と歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。
歯と歯茎の境目についた歯垢(プラーク)から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していき、最後には歯が抜け落ちてしまいます。
歯周病治療 歯周病は歯肉炎の段階では、歯の磨き方など口の中の健康管理を積極的にケアすることでよくなります。
しかし、ある程度症状が進行している場合は出来るだけ早めに診察を受けることが大切です。
また、歯周病のかかり始めには自覚症状があまりない病気ですので、検査をうけて症状を知ることも大切です。

予防歯科

PMTC

PMTCとはプロによる器械的歯面清掃、つまり専門である歯科医師や歯科衛生士により専門の器械を使用して歯をキレイに磨き上げることです。
千葉歯科医院では、虫歯や歯周病になる前の予防にも力を入れております。

予防歯科の詳細

小児歯科

虫歯菌を追い出そう!

虫歯菌は、1歳7ヶ月からの1年間で歯に定着します。
感染は常におこるのではなく、一生のうちでおこりやすい時期が3回あるとわかっています。はっきりと検証されているのは、1歳7ヶ月からの1年間です。
ちょうど乳歯の奥歯が生えそろうこの時期に奥歯の溝を格好の住みかにして、いっきに増え定着します。
この時期に定着した虫歯菌を常在菌(虫歯をつくりにくい菌)に置き換えることは非常に困難であると言われています。

小児歯科の詳細

インプラント

インプラント(人工歯根)

インプラント治療は歯が抜けてしまったり、う触してしまったところにチタン製の人工歯根を埋め込み、人工歯根の上にセラミック製などの人工歯をかぶせることで見た目の自然さだけでなく実歯と変わらない機能を蘇らせる治療法です。
入れ歯や歯の喪失でお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

インプラントの詳細

審美歯科

トゥースホワイトニング

歯のホワイトニングとは、濃度の薄いジェル(ホワイトニング剤)を長時間歯面にあててゆっくり、やさしく、持続的に脱色します。
ジェルの成分(過酸化尿素)はもともと口腔内の消毒に使われていたものですから、安全で歯の構造を変えずに、歯が白くなります。
その安全性については、FDA(アメリカ食品医薬品局)、ADA(アメリカ歯科医師会)でも認められています。歯科医師の指導を受け、ご自分で自宅で行っていただき頂きながら白い歯を取り戻していただく方法です。

ホワイトニングの仕方

カウンセリング・診察

まず歯科医が歯と歯肉が健康な状態であるか診察します。過去に入れた詰め物を取り替えたり、虫歯の治療が必要な場合もあります。そして、型を取ります。

専用ジェルの塗布

 

歯科医が作製した患者様専用のトレーにジェル材を流し込み、歯を磨いたお口のトレーを入れます。
トレーの端を歯に合わせます。

 

ブリーチング~終了

 

清潔な指か、やわらかい歯ブラシで余分なジェル材を取り除き、お口を2回すすぎます。※すすいだ水は飲み込まないで下さい。
医師から指定された時間でトレーをはずしお口をすすぎホワイトニング終了となります。

 

ページの先頭に戻る